取扱作家一覧

山田惣右衛門

山田惣右衛門 「暁 霞 」(Venus de Japan)<非売品>
(画像をクリックして販売作品へ)

PC専用サイト→https://soemon.tac-jp.com/room1.html

裸婦の画家として注目され人気が高まっている。山田画伯の描く裸婦は美しさと品格、気高さで他を圧倒している。

山田画伯の作品を初めに目にしたとき大きな衝撃を感じた。その清らかな美しさと優美な裸婦像に心を強く打たれ、この画家の持つ天性の才能を直感した。

山田画伯の描く裸婦はどれも表面的な美のみならず、内面まで映し出し清らかで気品を有しています。これほど美しい裸婦像を描くことのできる画家はそう多くないと思います。

繊細で優麗な描線を特徴とし、さまざまな姿態と表情の女性美を追求した江戸の美人浮世絵師、喜多川歌麿にも通じる現代の浮世絵画家と思います。

裸婦にこだわり描く山田画伯。描く対象が何か具象か抽象は二次的なことであり、生まれ持った資質に加え、作家がこれまでに歩んできた人生感こそが最も重要なことと思います。

裸婦をテーマとしているものの単なる裸婦ではなくその奥にある「人間」そのものを描いているのです。

絵画の基本となる技術は修練によって巧くなっても、人に感動を与えられるかどうかは別のである。

一時の芸術指向に流されることなく、美における永遠のテーマでもある裸婦像を描き続ける山田画伯の作品にご期待ください。

 

2019年03月11日

MIKA

MIKA
 (画像をクリックして販売作品へ)

2007年朝日放送の番組「旅サラダ」で、紹介され注目を集めたたイラストレーター。ニューヨークを独自の視点と感覚で描く現代アートの画家です。

若くしてアメリカに渡りニューヨークに生きる人々をポップな感覚で描くMIKAの活躍に期待が高まります。

 

2019年03月12日

Watamako

Watamako
(画像をクリックして販売作品へ)

円が幾重にも重なり繋がる幾何学的な構図は圧巻!人の繋がり、宇宙の広がりまで感じさせるダイナミックな作品。類い稀なる色彩感覚と造形美で見るものを圧巻する。色の洪水、溢れ出すパワー。相対性理論からインスピレーションを得て物理学と絵画の融合を試みる画家。

 

2019年03月13日

森 千広

森 千広
(画像をクリックして販売作品へ)

色鉛筆の可能性を極限まで追求する画家。世界が日本文化として評価するコスプレをテーマに注目を集めている。

 

2019年03月14日

中田朋子

中田朋子
(画像をクリックして販売作品へ)

美術系短大を卒業後、一般企業にてDTPデザイナー、ディレクター、プランナーを経験。約1年に渡るフランス語学留学の後、2008年、伊達噴火湾アートビレッジ「野田・永山塾」に学ぶ。

「人ができうる最大の仕事の可能性を絵画の中に探すこと」を信条に、写実技法による表現で人物や静物を一筆ごと丹念に描く。

今なぜ写実なのか?!この答えのすべては絵の中にあると思う。単なる写実でない心の表現を感じてもらいたい。写実の新たな可能性を追及する期待のアーティスト。

 

2019年03月15日

中上誠章

中上誠章 「ガーネット」油彩原画・P6号
(画像をクリックして販売作品へ)

清楚な女性像で人気のアーティストで寡作な画家としても知られています。

上の作品はヌードは中上誠章が描いた裸婦画です。色黒な肌がエキゾチシズムを感じさせる中上画伯の新しい一面がうかがえる作品と思います。とても丁寧に描かれており表面は艶々でとても美しい作品に仕上がっています。

「ガーネット」は、中上画伯にとって、新たな挑戦への布石となる記念碑的な作品であります。写実画を、絵の姿をした「生の証」と捉え、モデルの息遣い、作品への加筆をかけがえのない一瞬として描く中上画伯の今後の活躍にご期待ください。

 

中上画伯Twitter → https://twitter.com/luminarluminar

 

2019年07月01日

特選作家

和田英作「風景」油彩・キャンバス 37.8×45.5cm 1938年作
(画像をクリックして販売作品へ)

<特選作家>
現存・物故を問わず秀作密度の高い作品をご紹介しています。
五姓田義松 和田英作 寺内萬治郎 菅野圭介 荒井龍男 斉藤真一 牧野邦夫 横山操 松下春雄 浜田葆光 中山巍 村山密 平野遼 原勝郎 原勝四郎 野口謙蔵 小林万吾 小磯良平 杉本健吉 須田剋太 佐熊桂一郎 秦テルヲ 琴塚英一 織田廣喜 中路融人 中根寛 椿貞雄 伊藤久三郎 元永定正 馬場彬 彦坂尚嘉 一原有徳 舟越 桂 焔仁 赤瀬川原平 ベンシャーン他

 

2019年07月12日